あわじシェアホースクラブ

「くらしに馬を」というコンセプトのもと、人と馬の持続可能なよき関係性づくりに取り組んでいます。

2015年4月のブログ記事

2015年4月27日

3 はじめに・【馬の魅力と可能性1】

f:id:VEN:20150427110717j:plain

<はじめに>

今では人のくらしからすっかり疎遠な存在になった馬、
僕たちはこの時代人との関わりからすみに追いやられてしまっている魅力的な生き物を、現代においてくらしに少しずつでも取り戻して行きたいと考えています。

【馬の魅力と可能性】

・馬の魅力
・馬の可能性
・地域活性化と馬

<馬の魅力>

一言では語れないのが馬の魅力です。なによりもまずは馬に触れ、乗ってみてくださいと伝えています。
その様々な魅力をもつ存在にひとたび接すれば、きっとそのひと欠片の魅力でも十分に伝わると思います。

僕が馬に接したのはわりと遅いのですが、社会人になってからの20代半ば頃です。
ある日思いつきで家の近くの乗馬クラブに3000円くらいの乗馬体験に参加したのがきっかけなのですが、その時の感覚が今でも忘れられません。普段よりもぐーんと高くなる馬上からの視点は非日常的なもので、清々しい気持ちになります。風も地上とちょっと違う気配だったりします。
歩き出すとその独特のリズムが心地よく楽しさをもたらしてくれます。
馬の上でバランスを取るために普段使わない体の部分を使うようになるため、
様々な刺激や適度な緊張感を与えてくれます。

また馬に乗るまでにも沢山の魅力があります。
馬自体とても美しい存在です。その佇まいを眺めているだけで時間が経つのを忘れてしまいます。
特に馬の目はなんだか吸い込まれてしまいそうになります。

f:id:VEN:20150427111833j:plain

毛並みの肌触りやぬくもり、呼吸や、色んな仕草からその馬という存在を捉えて頂きたいと思います。
馬もとても繊細な心の持ち主で、時に注意深く、時にそれとなくこちらの様子を静かに伺っています。
じっくり接すると心地よい静けさをもたらしてくれる存在です。

また人のくらしに溶け込む程の存在で、これだけ人に寄り添って力を貸してくれる存在は他にいないと思っています。

ぜひ一度たっぷり時間をとって馬と過ごす時間を設けてみてください。
今回はここまで。次回は<馬の可能性>についてです。

この度2015年5月の26,27日 ※1 に馬とじっくり過ごすプログラムを企画しています。

www.facebook.com

(※1 5月28日にもオプションのツアーがあります。)

合宿は平日の開催ではありますが、ぜひともこのBLOGを読んで都合をつけて参加して頂きたいと思っています。

合宿に参加出来ないという方も、僕の馬に対しての想いや考えを知って頂けるとありがたいです。

 よろしくお願いします。

2015年4月27日

2 馬への想いと 馬合宿(5/26-27)の参加者募集のお知らせ

f:id:VEN:20150427104533j:plain

気持ちの良い天気が続きますね。日々馬たちも気持ちよさそうに過ごしています。

さて、僕(VEN)が淡路島にやってきて2年が過ぎましたが、最近また新しく知り合った方も増えてきたので、どうしてこんなに僕が「馬だ馬だ!」と夢中になるのかを知って頂くために苦手な文章にして伝えてみようと思います。
FacebookなどのSNSでシェアなどして頂けると有難いです。

これから少しずつ普段僕が馬について考えていること、「あわじシェアホースクラブ」の目的や趣旨を下記の流れで案内して行きたいと思います。

はじめに
● 馬の魅力と可能性
● 淡路島と馬
● あわじシェアホースクラブ

また、この度2015年5月の26,27日 ※1 に馬とじっくり過ごすプログラムを企画しています。

<a href=”https://www.facebook.com/awajisharehorseclub/posts/791076650988549″ data-mce-href=”https://www.facebook.com/awajisharehorseclub/posts/791076650988549″>あわじシェアホースクラブ – 久々の更新となりますが、 5月末にとびきりの企画をしました。 ぜひご参加ください。… | Facebook</a>www.facebook.com

(※1 5月28日にもオプションのツアーがあります。)

合宿は平日の開催ではありますが、ぜひともこのBLOGを読んで都合をつけて参加して頂きたいと思っています。

合宿に参加出来ないという方も、僕の馬に対しての想いや考えを知って頂けるとありがたいです。

よろしくお願いします。

2015年4月27日

1 ごあいさつ

f:id:VEN:20150427075102j:plain

はじめまして!

「あわじシェアホースクラブ」のページにお越し下さりありがとうございます。
このブログを担当するVENこと山下 勉と申します。

最近シェアハウスとかカーシェアリングとか「シェア」という言葉が一般的になっていますが、僕らは「シェアホース」という言葉を掲げています。

そう、馬です、馬。あなたの周りに馬はいますでしょうか?
あまりいないですよね。でも昔はもう少し身近な存在だったはずです。
どこにいってしまったのでしょうか。

「シェアホース」という言葉は、単に馬のシェアリングの仕組みをどうこうするという話に限定せず、かつて人のくらしに身近に存在していた「馬」という生き物を、現代において僕らのくらしに少しずつでも取り戻して行こうという想いをもったもので、兵庫県の淡路島で活動しています。

まだまだ小さな活動で実験的な取組ですが、少しでも多くの人に僕たちの活動や馬の魅力について知って頂き、応援してくださればありがたいです。

今後ともどうぞよろしくお願い致します!

FBページはこちら↓

あわじシェアホースクラブwww.facebook.com

Source: New feed

お問い合わせ  - Contact -

お名前 (必須)
フリガナ (必須)
メールアドレス (必須)
電話番号 (必須)
ジャンル選択
お問い合わせ内容
画像の英数字を入力してください。
captcha