あわじシェアホースクラブ

「くらしに馬を」というコンセプトのもと、人と馬の持続可能なよき関係性づくりに取り組んでいます。

2015年5月5日

5 【淡路島と馬 1】

さて、今回は淡路島について書いてみます。

まず淡路島がどんなところかみなさまはご存知でしょうか?

ざっと紹介すると以下のとおりです。
詳しくはwikipediaなどを御覧ください。

①広さは東京都23区または琵琶湖またはシンガポールと同じくらいで、
日本で11番目の大きさの島 (面積592.55km² 海岸線長203 km)
行政は3つの市(淡路市洲本市南あわじ市)に別れている

人口は15万人切っているので程よくスカスカです。

f:id:VEN:20150505013207p:plain

②国生み神話の舞台(古事記
→日本列島の最初につくられたのが淡路島と言われている

淡路島くにうみ協会|文化・歴史「神代からの財産」

東経135度のラインがパワースポットだとか。

③たまねぎ、牛、花の産地で、

島内食料自給率はカロリーベースで100%超!

生産額では300%を超えているとのことです。(2009年時点)

安心感が違います。 これをどう維持していくかが課題。

④御食国(みけつくに)のひとつ

→日本古代から平安時代まで皇室・朝廷に海水産物を中心とした
御食料(穀類以外の副食物)を貢いだと推定される国を指し、食の宝庫!
(ほかの2箇所は小浜と志摩)

ちなみに京都で食べられる鱧(ハモ)は淡路島産のものが多いそうです。

また近年は丼ブームで牛丼、生しらす丼、生サワラ丼などが名産となっています。

f:id:VEN:20150505014039p:plain

淡路島牛丼~島の“うまい!”を丸ごとどうぞ~

淡路島の生しらす

淡路島の生サワラ丼

素材が新鮮なので基本何食べても美味しいです。

⑤花博開催地で今年は「あわじ花博2015花みどりフェア」開催でにぎわっている
2015年5月31日まで開催

f:id:VEN:20150505013058j:plain

【公式】淡路花博2015 花みどりフェア -人と自然の共生のステージ-

花こそ豊かさの象徴です。

地場産業は瓦、線香(シェア7割)など

このあたり結構奥深いです。
瓦は斜陽産業といわれますが、最近おもしろい取組もありますよ。

f:id:VEN:20150505034615j:plain

【島News】瓦産地、淡路島で盛り上がる「瓦の音楽」。クラウドファンディングで目標達成 | 離島経済新聞

⑦神戸からの主要アクセスである明石海峡大橋、鳴門の渦潮がみえる大鳴門橋がかかっている

明石海峡大橋は世界最長の吊り橋です。
島へのアプローチ、通過する際になんだか高まります。

⑧環境未来島構想などによる再生可能エネルギーの取組も盛ん

f:id:VEN:20150505013118p:plain

あわじ環境未来島 | ~生命つながる「持続する環境の島」をめざして~

特区として先進的な取組が沢山。

京阪神にアクセスが良く、近年は移住者(希望者を含む)が増加している

自分もそうですが、ほんといろんな人が島に集ってきています。

⑩「はたらくカタチ研究島」などの島の地域資源を活かした実験的な取組が行われている

f:id:VEN:20150505013607p:plain

淡路はたらくカタチ研究島

豪華な講師陣、豊富な講座。
仕事はくらしのベースですよね。

とこれらに限らず盛り沢山で、僕が移住して2年経ちますが、まだまだいろんな発見や人との出逢いがあり、とても魅力的で豊かな島です。

そしてあまり知られていませんが、「淡路島はかつて馬産地だった」という史実があります。

こちらについては次回【淡路島と馬 2】でご案内します。

この度2015年5月の26,27日 ※1 に馬とじっくり過ごすプログラムを企画しています。

www.facebook.com

(※1 5月28日にもオプションのツアーがあります。)

合宿は平日の開催ではありますが、ぜひともこのBLOGを読んで都合をつけて参加して頂きたいと思っています。

合宿に参加出来ないという方も、僕の馬に対しての想いや考えを知って頂けるとありがたいです。

 よろしくお願いします。

お問い合わせ  - Contact -

お名前 (必須)
フリガナ (必須)
メールアドレス (必須)
電話番号 (必須)
ジャンル選択
お問い合わせ内容
画像の英数字を入力してください。
captcha