あわじシェアホースクラブ

2018年4月16日お知らせ

馬との「脱力」のススメ   

【馬合宿 SHARE HORSE CAMP 2018 in 淡路島 5/5-6+7  残席3(2泊3日コースは残1)となりました!】

もうすぐGWですね。みなさん予定は決まってきましたでしょうか?
僕らはGW前半から中盤にかけて、淡路島に観光に来られるお客さま相手の仕事を頑張る予定です♪
マイペースな集客なせいか、まだまだ空きがあるので(^^;、
ぜひシェアホースのふれあい&乗馬体験にお越し下さい!

また、5月26,27日とっておきの企画を実施します。
今週中にはご案内予定ですのでお楽しみに!

そして、ここからはGW終盤に開催する「馬合宿」についてご案内させていただきます。

28685931_1603227016440171_3430910531580604172_n

今回のGW5/5-7に開催する馬合宿のテーマは2つあります。

ひとつは「馬との距離を楽しく縮める」というもの。
非日常的な馬という存在を、あらゆる事柄や切り口で、楽しみをもってみなさんに近づけるというものです。

そしてもう一つは「馬との脱力」です。
みなさんは日々いろんな場面で大小様々なストレスやプレッシャーを感じていると思います。
そして、いろんな方法でそのケアや解消をされていると思いますが、
この合宿で馬との関わりから「脱力」について考える機会をもってもらえたらと思っています。

sIMG_3030

単純に馬との関わりによって癒やされるというのを、
近年ホースセラピーというものの認知が少しずつ広がって来ているので、ご存知の方も多いかもしれません。
僕らは、セラピーという取り組みはすばらしいですが、馬との関わりはそんなに仰々しいものでなくてもいいのかなと感じています。

癒やされ、リラックスした状態というのは、ほどよく力みがとれた脱力状態であること。
ニュートラルで、ありのまま、ただそこにいるということ。
仕事やスポーツも程よい脱力状態が良いパフォーマンスを発揮しますよね。

そこで「馬との脱力のススメ」です。

もちろん合宿の初めは馬自体やその場、そこに集う人たちに大なり小なり緊張するかもしれません。
でも次第に馬の存在自体がもつ不思議な魅力で僕らをその「脱力」した状態にいざなってくれます。

また、馬との関わりのなかで、「プレッシャーとリリース」という考え方があります。
詳しくは合宿中にお話しようと思いますが、
馬は緊張した状態やリラックスした状態それぞれにわかりやすい態度や仕草があります。
それらを読み取りながら馬との距離を縮めていただこうと思っています。
馬たちは何にプレッシャーを感じ、どう反応し、脱力するのか。
その観察はとても興味深いのです。
そして馬の脱力を観察していく中で、人間にも応用できるリラックス方法がみつかるかもしれません。

合宿というたっぷり時間がある中で、いろんな場面で一緒にじっくりと馬を観察しましょう。
乗馬はもちろん、ブラッシングや餌やり、馬との海までの散歩、馬のそばで食事や対話、ヨガや音楽鑑賞など、
「馬とすごす」を楽しみながら、馬とともに脱力していきましょう。

馬合宿が終わる頃には、きっとあなたなりの新たな脱力の術や習慣が身についていることでしょう。

s海 (4)

SHARE HORSE CAMP 2018 in 淡路島
日程 GW 5/5-6 +7 

詳細内容・お申込みはこちらをクリック!