あわじシェアホースクラブ

「くらしに馬を」というコンセプトのもと、人と馬の持続可能なよき関係性づくりに取り組んでいます。

未分類のブログ記事

2016年9月1日

【SHARE HORSE & FAMILY CAMP 2016.10.29-30.】 - 馬と出逢い、親子ですごす2日間 in淡路島 - 

SHARE HORSE  FAMILY CAMP 2016HALLOWEEN_s
こんにちは。あわじシェアホースクラブの山下です。
風月という名の農耕馬が淡路島にやってきておよそ2ヶ月が経ちました。
淡路島でのくらしにだんだん馴染んできているように思います。

今回の新月ではリクエストにお応えした形の企画をご案内します。

この度、9月16,17日に満月馬合宿を企画していますが (http://share-horse.com/?p=84)、
親子での参加を希望される問い合わせをいくつか頂き、
また、「森のようちえん まんまる」という活動に取り組む淡路島の友人と一緒に何かやろうということになり、
10月末にその親子版の馬合宿を開催します。

冬間近の馬肥ゆる秋に親子で馬に親しみ、その魅力を存分に堪能して頂きたいと思います。

<概要>

日時:平成28年10月29日(金)昼-30日(土)夕方

場所:兵庫県淡路島洲本市五色町

※宿泊は、同性相部屋泊となりますので、ご了承下さい。
●参加費: 3万円5千円(1泊3食付 親子2名分) 子どもの追加不可

●定員 6組12名

ただし・・・。

安全管理や馬への負担を考えますと、
小学生以上中学生まで
「身長110㎝以上・体重90kg未満」が望ましく、
その範囲外の方は、申し訳ございませんが、お申し込み時にお知らせください。
事務局よりご連絡をさせていただきます。
●おおまかな予定(多少の変更あり)

・10月 29日(金)

14時20分
開始 (14時受付開始 集合場所は申し込み者の方に後ほどご案内さし上げます。)
お互いを知る時間
馬、登場
馬について知る、安全管理諸注意
馬のさわってみよう
馬とお散歩してみよう 馬に乗ってみよう
馬の立体お面づくり
16時
風チーム 夕飼い(夕方の餌やり)/馬の寝床を整える
月チーム ダッチオーヴンと石窯で晩ごはん準備
18時
夕食
20時
風呂入浴
21時~21時半
ハロウィンお楽しみ会
21時半
就寝

・10月 30 日(日)

6時半
起床
風チーム 朝ごはん準備
月チーム 朝飼い(朝の餌やり)/ボロ(糞)などの掃除

馬とのふれ合い・乗馬体験
お昼ごはんづくり 竹の器シチュー

12時
昼食

13時
チーム対抗!馬のためのウマウマパフェづくり
馬と記念撮影&解散

15時頃
解散
スタッフプロフィール

●山下 勉(あわじシェアホースクラブ)VEN

VEN&F

1979年生まれ。大阪府箕面市出身。2013年淡路島に移住。馬歴10年。
現代の人と馬との関わりについて、競馬・乗馬に限らない在り方を求めて活動している。
「往診は馬に のって」で有名な淡路島の獣医師 山崎博道先生とともに、
「くらしに馬を」のコンセプトの もと「あわじシェアホースクラブ」を立ち上げたのをきっかけに、
馬博や馬合宿、馬場BAR、馬耕復活イベントなどを企画する。
2016年7月より農耕馬の風月とともに新たなステージへ。

●佐藤明希(森のようちえん まんまる)あじめ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

学生時代に土壌学を専攻し、研究しているうちに、フィールドワーク好きが高じて、インタープリター(森の案内人)になる。
2校の自然学校での計8年の勤務、森のようちえん2園での2年半の保育士としての勤務を経て現在に至る。
「森のようちえん まんまる」代表&保育士。またアフリカンダンサーとして、淡路島のアフリカングループ「アワジカン」でも活躍中。
愉快な仲間に囲まれて、手作りの衣食住を目指し、淡路島での日々を満喫中。
●佐藤さんからのメッセージ
馬に乗ると、見える世界ががらっと変わるから好きです。
馬に触ると、あったかくって、やさしい気持ちになるから好きです。

馬が大好きなにんじんを始め、食糧自給率120%といわれ、
おいしいものたくさんの淡路島に、馬と一緒に肥えに来てください。

みなさんと遊べるのを楽しみにしています。  あじめ
●参加申し込み方法 なるべく①でお願いします。

①申し込みフォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSelrhzR9Cm5liK_v5TJFfOVolsrCdvGuXS1a3fzVuI14fU1Kw/viewform?c=0&w=1

②メール yama79@gamil.comまで、以下の内容をメールにてお知らせください。

メールタイトルを、「親子馬合宿(あなたのお名前)」として下さると有り難いです。

・お名前(ふりがな)<親子両方>

・性別 <親子両方>

・生年月日(保険加入のため)<親子両方>

・メールアドレス

・携帯電話番号

・住所

・ふだん何をしている人ですか?

・食物アレルギー<親子>

・スタッフに知っておいてほしいこと(おねしょの有無など)

・参加にあたって一言

・交通手段(自家用車か高速バスか<12:30 三ノ宮発 高田屋嘉兵衛記念公園行き ※五色バスセンターで降車>)

※「身長110㎝未満・体重90kg以上」の方は、お知らせくださいませ。

 

2016年8月3日

【SHARE HORSE & FULL MOON CAMP 2016.09.16-17.】 – 馬と出逢い、ふたつの月をめでるちょっとストイックな2日間 in淡路島 - 

SHARE HORSE FULL MOON CAMP 2016 (2) - コピー

こんにちは。あわじシェアホースクラブの山下です。
風月という名の農耕馬が淡路島にやってきておよそ1ヶ月が経ちました。

風月の紹介をした前回の新月からひとつの月のサイクルが完結し、
様々な方々の協力を得て無事 SHARE HORSE MARCHE ウマルシェを終えることができました。
この上ない感謝とともに、まだまだ僕と風月との関係性は日々変化している最中で、
僕自身そのことを楽しんだり学びの最中にありますが、
今回の新月では以前より温めて来たとっておきの企画をご案内します。
この度、昨年5月に淡路島で実施した「馬と出逢い、馬から学ぶ二日間 in 淡路島」 というプログラムをバージョンアップして、
淡路島のくらしでお世話になっているマーキーさん(青木将幸ファシリテーター事務所)とともに開催します。

改めてあなたは馬という生き物についてどんなイメージを持たれていますでしょうか。
馬は大昔から人と関わりの深い動物でしたが、現代において人と馬との関わりは競馬・乗馬 を除いて一般的には疎遠になっています。
しかしその魅力は私達の生活にさりげなく溶け込んでいたりします。
馬とふれ合いながら、幅広い分野に根付いた人と馬との関わりを私達と一緒に見出してみましょう。
2日間、始まりの島「淡路島」で1頭の農耕馬と満月の夜にじっくり過ごしその魅力を見出す中で、
きっとあなたの価値観や他者との関わりになにかしらの変化をもたらしたり、
懐かしくも新たな世界観をもたらすと思います。
もしかしたら馬を通じて今まで気付かなかった自分自身に出逢うかもしれません。

今回のプログラムを企画するまで様々ないきさつがありましたが、やっと実現できる運びとなりました。
前回の馬合宿で活躍した初代シェアホースであるフランシスとの別れを経て、
昨年この企画を実施して素敵な方々との出逢いがあり、そこから馬場BARなど新たな企画が生まれました。
そして寒立馬の風月との出逢いがあり、それまで馬合宿を何度か開催しようと思いながらも実現に至らず、
この馬の可能性に触れてようやくこの馬合宿を開催しようという思いに至りました。
僕自身子どもが誕生したり様々な変化や学びを経て、この合宿を再び開催できることにこの上ない悦びを感じています。
今年は馬も会場も変わりますので、どんな新たな出会いや発見があるか今からとても楽しみにしています。
私自身、まだまだ馬から学んでいる身ではありますが、馬についてちょっと気になるあなたのご参加をお待ちしております。

<概要>

日時:平成28年9月16日(金)昼-17日(土)夕方

場所:兵庫県淡路島にある古民家とその周辺

※宿泊は、馬との暮らしが身近だったころの古民家です。

電気・ガス不通、同性相部屋泊のややストイックな合宿となりますので、ご了承下さい。
●参加費: 3 万円(1泊3食付)

※オプションツアー 1 万円(1 泊 3 食付)

●定員 8名(馬と親しみたい初心者の方でしたら、どなたでも参加できます)

ただし・・・。

安全管理や馬への負担を考えますと、
「身長150㎝以上・体重90kg未満」が望ましく、
その範囲外の方は、申し訳ございませんが、お申し込み時にお知らせください。
事務局よりご連絡をさせていただきます。
●おおまかな予定

・9月 16日(金)

お互いを知る時間

馬、登場

馬の体・習性を知る、安全管理諸注意

馬の世話をしてみる、ふれあう

馬を曳く/馬に乗る

夕飼い(夕方の餌やり)/馬の寝床を整える

馬についてのよもやま話と満月を楽しむ交流会/馬場BAR 古民家ver

就寝

・9月 17 日(土)

起床

朝飼い(朝の餌やり)/ボロ(糞)などの掃除

馬の世話をしてみる2/馬装をしてみる

絵馬を書こう!

馬と海まででかける

馬を眺めながらランチをとる

絵馬奉納

馬と記念撮影&解散

※オプションツアー 9月 18日(日)

ゆっくり乗馬体験、

淡路島の馬スポットめぐり

洲本大浜海岸、三熊山競馬場跡地、洲本城見学ほか お昼すぎ解散予定

●講師プロフィール 山下 勉(あわじシェアホースクラブ)

1979年生まれ。大阪府箕面市出身。2013年淡路島に移住。馬歴10年。
現代の人と馬との関わりについて、競馬・乗馬に限らない在り方を求めて活動している。
「往診は馬に のって」で有名な淡路島の獣医師 山崎博道先生とともに、
「くらしに馬を」のコンセプトの もと「あわじシェアホースクラブ」を立ち上げたのをきっかけに、
馬博 や馬合宿、馬場BAR、馬耕復活イベントなどを企画する。
2016年7月より農耕馬の風月とともに新たなステージへ。
●ファシリテーター 青木将幸 (青木将幸ファシリテーター事務所 代表)

1976年生まれ。熊野出身。環境NGO・A SEED JAPANに関わる傍ら
「それぞれの持ち味が発揮される組織づくり」に関心をよせる。
95年よりNPO向けの組織運営トレーニングの開発とファシリテーションに関わる。
企画会社ワークショップ・ミューで修行期を過ごした後、2003年に青木将幸ファシリテーター事務所を設立。
以来、毎年100回ほどのペースで会議・ワークショップ・参加体験型研修の進行役をつとめている。
2012年より拠点を東京から淡路島に移し、国生み伝説のある島から日本中に出かける日々を送っている。
●青木さんからのメッセージ

馬という生きものは、実に不思議だ。言葉を交わしていないのに、こちらの気持ちや意図をキャッチする能力がとても高いように思える。
そういう意味で、自分自身の在り方とか、リーダーシップとか、生き方を点検したい人は、馬に触れるべし!と僕は思う。
それも5分や10分の「ちょっとだけ乗馬体験」ではなく、1日2日かけてじっくりとこの生きものに触れてほしい。
車社会になるまでは、長年、人間の移動や運搬時のパートナーとしてよりそってくれた馬が、
私たちに教えてくれることに、ぜひ耳を傾けてもらいたいです。
●参加申し込み方法

①申し込みフォーム https://goo.gl/forms/j73zGF0rY1GPjVTI3
②メール yama79@gamil.comまで、以下の内容をメールにてお知らせください。

メールタイトルを、「満月馬合宿(あまなたのお名前)」として下さると有り難いです。

・お名前(ふりがな)

・メールアドレス

・携帯電話番号

・性別

・生年月日(保険加入のため)

・ふだん何をしている人ですか?

・参加にあたって一言

・交通手段(自家用車か高速バスか)

・延泊して9月18日のオプションツアーに参加しますか?(するorしない)

※「身長150㎝未満・体重90kg以上」の方は、お知らせくださいませ。

●主催 あわじシェアホースクラブ

問い合わせ あわじシェアホースクラブの問い合わせフォームからお願いします。

http://share-horse.com/

https://www.facebook.com/awajisharehorseclub?ref_type=bookmark

●共催 青木将幸ファシリテーター事務所

2016年4月3日

馬耕イベント情報 ①4/23(土)子ども料金追加  ②21,22,23各日体験コースペア割り追加

表題の件につきまして、ご案内致します。

①<子ども料金(4/23のみ)>
小学校高学年~高校生 体験1,000円 見学500円
少学校低学年以下   見学のみ 無料

尚 大人(4/23)の参加費は 体験3,000円 見学1,000円となります。

②<21,22,23各日体験コースペア割>
お友達やご家族とで
(1)体験コースをペアで参加の方は1,000円割引致します。
(2)体験コースと見学コースをペアで参加の方は500円割引致します。

ぜひご家族やお友達とご参加ください!

<申し込み方法>

下記申し込みフォームからお願いします。
https://docs.google.com/forms/d/1wF7i6OXYjWbZhZUNHnAiYpRyWVpptZ5eribCEcFRZ_Y/viewform

手続き後申し込み受理のメールを後日ご案内します。

※定員に達し次第申し込みを締め切ります。

その他詳細はこちらを御覧ください。

下記に海外の馬耕動画イメージをご案内します。
※ 当日は安全管理の為 子どもさんの馬耕中の乗馬は行いません。あくまでイメージとして御覧ください。
(体験コースの方向けに乗馬体験のコーナーは設ける予定です)

2016年3月22日

「かつての馬産地 淡路島で馬耕復活」

馬耕復活in淡路島

NPO法人都留環境フォーラム&あわじシェアホースクラブ presents

淡路島ではかつて三熊山の競馬場、大浜海岸の観光貸馬事業、淡路島の地場産業の瓦の材料や製品の運搬動力としての馬力業などの活躍があり、馬が今よりも身近に存在していました。

そのような時代も過ぎ去り馬の姿がほとんど姿を消した現在において「くらしに馬を」というコンセプトのもと、様々な馬との関わりを取り戻す取り組みを、私たちあわじシェアホースクラブはおこなっています。

日々の取り組みの中で、当時淡路島で馬のことを生業にしていた方に「馬耕や馬搬を行っていた」という証言を伺っていたのですが、実際に馬耕の復活に挑戦します。

この度山梨県のNPO法人都留環境フォーラムとの共同企画で馬耕体験イベントを実施致します。

馬耕の体験を通じて、馬が私たちに与えてくれていたもの、これからどのような事柄や関係性を馬とともに築いていけるかなどをみなさんと考えるひとときになればと思います。

この貴重な機会ぜひご参加頂きますようよろしくお願い申し上げます。

 

<主なプログラム内容> (約2時間半程度)

1.馬とのふれあい

2.馬耕の紹介

3.馬の力体験

4.馬耕体験

<日程・コース> 下記の日程・コースごとに参加者を募集します。

 

<21,22,23各日体験コースペア割>
お友達やご家族とで
(1)体験コースをペアで参加の方は1,000円割引致します。
(2)体験コースと見学コースをペアで参加の方は500円割引致します。

ぜひご家族やお友達とご参加ください!

①4/21 木 @都志活性化協議会ひまわり畑(洲本市五色町都志)

現地にて受付開始(PM1:30)

PM2:00-4:30

定員 体験10名 見学10名程度 +地元の子ども体験10名程度招待予定

参加費 体験3,500円 見学1,000円

→地元の活性化協議会や子どもともに交流しながら体験する機会として予定しています。

 

②4/22 金 @あめつち農園(洲本市五色町鮎原)

集合(PM1:10)ののち移動・受付

PM1:30ー4:00

定員 体験10名

参加費 体験5,500円

→少人数制でじっくり体験したり、馬との関わりについて考える機会として予定しています。

 

③4/23 土 @あめつち農園(洲本市五色町鮎原)

集合(AM9:30)ののち移動・受付

AM10:00ー12;30

定員 体験20名 見学10名程度

参加費 体験3,000円 見学1,000円

<子ども料金(4/23のみ)>
小学校高学年~高校生 体験1,000円 見学500円
少学校低学年以下   見学のみ 無料

→週末開催イベントとして幅広い方に参加頂ける機会として予定しています。

 

※4/21 木 交流会 21日の夜に交流会を開催予定です。

※①②連日申し込みの場合は1,000円OFF致します。

(②③の連日申し込みは承っておりません)

宿泊施設などのご案内も致しますので気軽にご相談ください。

 

<体験者資格> 健常な少学校高学年以上の男女

尚、見学者はどなたでもご参加頂けます。

 

<申し込み方法>

下記申し込みフォームからお願いします。
https://docs.google.com/forms/d/1wF7i6OXYjWbZhZUNHnAiYpRyWVpptZ5eribCEcFRZ_Y/viewform

手続き後申し込み受理のメールを後日ご案内します。

※定員に達し次第申し込みを締め切ります。

 

<その他注意事項>

・集合場所や現地住所などについてのご案内は後日メールにて行う予定です。

・雨天時について

荒天時は中止となります。

少雨の場合は基本決行予定ですが、畑の状況をみながら開始時刻2時間前までに開催通知のご連絡を致します。

・参加費は当日お支払い頂きます。なるべくお釣りのいらないようご用意をお願い致します。

・公共交通機関でご来場される場合は淡路島の高速バス検索サービスサイトbusmoをご利用戴くと便利です。

 

<問い合わせ先>

お名前とご用件と電話番号を明記の上 yama79@gmail.com までメールお願い致します。担当 山下

 

<主催> あわじシェアホースクラブ

<共催> NPO法人都留環境フォーラム、洲本市地域おこし協力隊

<協力> 青木将幸ファシリテーター事務所、都志活性化協議会、あめつち農園

 

※応募フォームからご応募いただいた皆様の個人情報は、このイベントのための業務、及びあわじシェアホースクラブイベント案内時のみの利用とさせていただきます。

2015年10月20日

【11/7.8 馬場BARイベント開催&FBページリリースのご案内】

11147084_563346693816287_1538578854008972088_n (2)

京都造形芸術大学空間演出デザイン学科4回生の降旗さんとあわじシェアホースクラブとの共同の企画のご案内です。

降旗さんの若い感性とクリエイティビティにシェアホースのメンバーはいつも心を動かされています!

あわじシェアホースクラブはこういったいろんな切り口で少しずつ人と馬との関係性を作りながら、「くらしに馬を」をかたちにしていきます。

12068593_562507010566922_1119982102012921194_o

●馬場BAR FBページ
https://www.facebook.com/bababar.bababar

【イベント概要】
11月7日(土)11月8日(日)の2日間、馬場BARを開店します。
馬場BARでは馬を見ながらお酒や食事、会話を楽しんでもらい、馬と人の関係をより身近にする、きっかけを作る場を作ろうと考えていますので、皆様ぜひご参加ください
日時:2015.11.07 (土) 16:00~19:30
11.08 (日) 16:00~19:30
会場:山崎博道家畜診療所
〒656-1337 兵庫県洲本市五色町下堺486 山崎博道家畜診療所
参加費:大人1000円 子供500円
(飲食については別途)当日はドリンクとアルコール類、軽いおつまみを用意してあります。

定員:各日10名程度(応募者多数の場合は抽選となります。)

参加方法:参加申し込みページ
https://docs.google.com/forms/d/1gZDfHrmKEOfgobLa4xsuBbLTE0gBYYLhIFkH-kPT-gE/viewform?fbzx=-8511740649238652330
より参加申し込みを行ってください

主催:あわじシェアホースクラブ/降旗早紀(京都造形芸術大学空間演出デザイン学科4回生)

●イベントチラシ
https://www.facebook.com/bababar.bababar/photos/a.563126050505018.1073741828.562493943901562/563346693816287/?type=3&theater

●イベント申し込みフォーム
https://docs.google.com/forms/d/1gZDfHrmKEOfgobLa4xsuBbLTE0gBYYLhIFkH-kPT-gE/viewform?fbzx=-8511740649238652330
11147084_563346693816287_1538578854008972088_n (3)

2015年10月1日

【神戸新聞掲載】淡路はたらくカタチ研究島モニターツアーであわじシェアホースクラブをご利用頂きました!

unnamed

昨日淡路はたらくカタチ研究島さんによるモニターツアーであわじシェアホースクラブをフィーチャーして頂きました。
さらにその時の様子を取材いただいた神戸新聞(10/1朝刊)さんに掲載頂きました!

はたらくカタチ関係者のみなさん、昨日ツアーに参加頂いたみなさん、山崎先生やお手伝い頂いたスタッフのみなさん、馬たちに感謝です。

最近こういった有り難く貴重な機会に沢山恵まれています。
少しずつでも人と馬との接する機会が増えますように。

2015年9月1日

【あわじシェアホースクラブWEBサイトリリースのご案内】

この度、あわじシェアホースクラブのWEBサイトをリリースしました!
share-horse.com/

シェアホースWEB
淡路島の地域資源として「馬」というものをとらえ、その魅力をいろんな切り口で引き出していきたいと思っています。
「くらしに馬を」ということの実現を目指して、今回「多様な馬との過ごしかた」を提供したいと考えていることをまとめる機会を頂くことができ、
最近引き合いや問い合わせが段々と増えて来ているなかで、このサイトからどんどん発信していきたいと思います。
(ちなみに11月にとっておきの企画をいくつか練っています。こちらの案内はもうしばらくお待ちください!)

今回「うずのくに(道の駅うずしお)」の金山さん松下さんのお力をお借りして、大変素敵なサイトが出来上がりました。
(「淡路島のために頑張る人を応援したい」と計り知れないサポートを頂いたお二方にはいくら感謝してもしきれません。)
全国1位のご当地バーガー「あわじ島バーガー」や「たまねぎUFOキャッチャー」で話題の道の駅うずしお/うずのくに.com
http://eki.uzunokuni.com/
 

シェアホースWEB2

シェアホースWEB3

シェアホースWEB4

(さらに…)

2015年6月16日

【フランシスへのありがとうの会 開催のお知らせ】

f:id:VEN:20150616123239j:plain

この度書籍「往診は馬にのって」に登場するフランシスが6月末に
沖縄に旅立つことになります。

獣医師 山崎博道先生とともに長年活躍してきた
「淡路島の記憶に残る馬・フランシス」との
ひとときをみんなでシェアしましょう。

DAY1 6/21 sun の日中(シェアホースピクニック)と
DAY2 6/26 fri の夕方(夕暮れ馬場BAR)
の2日間開催します。

DAY1 シェアホースピクニック イベントページ
https://www.facebook.com/events/965015863563221/

DAY2 夕暮れ馬場BAR イベントページ
https://www.facebook.com/events/1080159432012363/

<主催>
あわじシェアホースクラブ

<問い合わせ>
090-5136-7709(山下)

<会場>
山崎博道家畜診療所
洲本市五色町下堺 486

<参加費>
DAY1 500円
馬とのふれあい体験+スナック付
フランシスへのメッセージボードへのコメント書き込み など

DAY2 700円
馬とのふれあい体験+スナック付
フランシスへのメッセージボードへのコメント書き込み など

<参加申し込み>
問い合せ先の電話
or
FBイベントページ

●しぶれっと & 平野パン コラボバーガー
「あわじベジコロ馬ーガー」
各日限定販売(参加費とは別途)
※ 馬肉は入っていません
※ 数は基本少量となりますので問い合わせ先の
電話にて2日前まで予約注文受け賜ります。

f:id:VEN:20150616123249p:plain

2015年6月13日

馬情報提供よびかけのご協力ありがとうございます。

おかげさまでこのあわじシェアホースクラブのFBページで22件のシェア(2107リーチ)、
山下個人アカウントでの呼びかけではシェア33件をご協力頂けました。心より御礼申し上げます。

しかし、今回の条件にあう馬の有力な情報は今のところ届いていません。
何件か問い合わせを頂き、乗馬クラブさんや馬の保護に取組を行う協会さんなどを紹介頂いて問い合わせたものの、なかなかこの短い期間ではタイミングの問題で難しいようです。

他にも情報が集まらない理由として考えられるのが、

・ある程度調教されている必要があるため馬が限られる
(競馬の引退後すぐにというのはむずかしい)

・行き先が沖縄ということで、サラブレッドが暑さに弱く、心配される。また距離も遠いため気軽に会いに行けない
(サラに限らず情報があればある程度他の種類の馬でも提案することも可能。また沖縄にはサラを数頭扱う乗馬クラブもあり、そちらにサラの暑さ対策を相談中)

・行き先の情報が不十分
(事情により控えていますが、情報の提供頂く方には詳細を案内しています)

・馬の需要(馬肉など)が高い

 などの理由が考えられます。
他にもいろいろと事情や制限もあるため無理に馬を引っ張ることはしませんが、なかなか難しいものであると実感しています。
引き続き情報などありましたらご協力をお願いしたいと思います。
尚、今回いろんな方に情報やアドバイスを賜ることができ、大変勉強になりました。みなさんの馬への想いに触れさせて頂く貴重な機会となったことに御礼申し上げます。

2015年6月7日

【シェア・拡散希望】 行き先を探している馬と動物ふれあいテーマパークとのマッチングにご協力ください

しばらくBLOGの更新ができていませんでしたが再開します。

今回は前回からの続きではなく、相談ごとになります。
期限は2015年6月26日です。
何卒よろしくお願い致します。

皆様こんにちは、「くらしに馬を」というコンセプトのもと淡路島で活動している「あわじシェアホースクラブ」の山下と申します。
突然のご相談なのですが、行き先を探している馬の情報を求めています。

淡路島の獣医師山崎先生のつながりで四国のとある動物園さんのお話で、
9月頃に沖縄の観光農園内に動物とのふれあいを中心にしたテーマパークがオープンする計画があるそうです。

そこに曳き馬や乗馬体験のプログラムも計画にあるとのことで、そのための馬を1頭探しているとのことです。

競馬・乗馬などを引退して行き場を探している馬とのマッチングなどができればと思うのですが、そのような情報があればご提供頂きたいです。
(一応仮の馬の目星はついているのですが、
その馬は山崎先生の馬で、特段行き場に困っているわけではなく、
また多くの人に愛され淡路島に残ることを望んでいます。
せっかくの機会なので行き先を探している馬がいればその子が救われることにつながればと思っています)

探されている馬の条件は
・基本的な調教がなされていること(沖縄の現地スタッフには初心者もいるので曳き馬など扱いやすい馬)
・行き先は沖縄で暑い気候になるため、それなりに体力があり、健康な馬
・品種はサラブレット(応相談)
・年齢、性別は不問
・輸送(トラックで淡路島発 鹿児島~沖縄までフェリー)のことなどもあるので、
基本関西圏を中心とした西日本であればありがたいです(応相談)
・急ですが、6月の26日までに話をまとめる必要があります
などとなります。

行き先は海沿いの素晴らしいところで、やりがいのある仕事もあり
(わりとのんびりとしたところなのでハードな仕事をさせられることはないとのことです)、
馬にとって新しい生活を提供できればと思います。

まずは情報をお寄せ頂ければと思います。
詳細は問い合わせ頂いた際にご案内さし上げます。

問い合わせ先 あわじシェアホースクラブ  山下 勉
電話   090-5136-7709
emai   yama79@gmail.com

尚、ここの他にも馬仲間に声がけさせて頂きますので、
他で先に決まってしまう可能性もあることをご理解頂けますと幸いです。
以上何卒よろしくお願い致します。

お問い合わせ  - Contact -

お名前 (必須)
フリガナ (必須)
メールアドレス (必須)
電話番号 (必須)
ジャンル選択
お問い合わせ内容
画像の英数字を入力してください。
captcha